「未分類」カテゴリーアーカイブ

せどりを副業として行う際に大切な事

サラリーマンやOLとして会社勤めしているものの、給料が物足りないと感じている人は少なくないです。しかも本業で頑張っても給料に反映されないと不満を持つ人の中には、副業を始める人が珍しくなかったりします。上手に副業する事で、本業の給料の物足り無さを補う事が可能です。そして会社勤めをしている人が行う人気の副業の1つが、せどりだったりします。
せどりの元々の意味は、古本屋で仕入れた本を別の店舗で仕入れ値よりも高く売って利益を得る事でした。ただし現在では家電製品やゲーム、CDといった様々な商品で同様の行為が行われています。そのため本に限らず、店舗で仕入れた商品を仕入れ値よりも高く売却する行為全般に対してこの言葉が用いられいるのです。
かつてはせどりと言うと、直にお店を訪れて利益が得られそうな商品を見付け出すというやり方で仕入れが行われていました。店舗せどりと呼ばれる仕入れの方法ですが、副業としてせどりを行う場合にはこのやり方はおすすめ出来ません。
確かにせどりは中古品を扱う事が多いので、店舗せどりの様に直に商品の状態を見て仕入れるかどうかを決められる点は魅力的です。ですがわざわざ店舗を訪れるとなると、仕入れの手間が掛かります。しかも会社勤めをしている人だと、平日は本業が忙しくてお店を訪れる暇がない人が多いです。お陰で週末しか仕入れが行えないので、せどりで利益を得るチャンスが少なかったりします。
会社勤めをしている人が、副業としてせどりを行うなら店舗せどりではなく、電脳せどりという方法で仕入れを行うべきです。ちなみに電脳せどりとは、ネットショップを用いて仕入れを行う方法となっています。この方法であれば近所だけでなく、全国各地にあるお店を仕入れ先として利用可能です。その上、ネットショップは24時間何時でも利用出来るので、平日の仕事終わりでも帰宅後の空いた時間に仕入れを行う事が出来ます。それ所か会社の休憩時間等、空いた時間に仕入れる事も可能です。
ただしせどりを副業として成功させるには、商品の仕入れを慎重に行う事が大事だったりします。勘だけに頼ってこの商品なら高く売れるだろう、という希望的観測のみで仕入れを行うのは絶対に避けるべきです。仕入れるか否かは、必ず数字を見て客観的に判断する事が重要だったりします。
仕入れの際に確認すべき数字とは、ショップの買取価格やフリマアプリの平均価格です。そういった数字をきちんと確認した上で、仕入れ値よりも高く売れる商品を仕入れる必要があります。同時に電脳せどりで仕入れる際は、送料込みの値段を仕入れ値と考える事です。