まだまだ稼げる?アフィリエイトの世界!

「アフィリエイトではもう稼げない」という声を聞いたことがあるかもしれません。アフィリエイトで大儲けをしたたくさんの人が登場した後、同じようにお金を稼ごうとして、たくさんの人がアフィリエイトにチャレンジした結果、「淘汰」が行われたためです。数パーセントのアフィリエイターだけが生き残り、他の多くのアフィリエイターは去っていくことになりました。その結果、アフィリエイトは稼げないという意見を聞くようになったわけです。しかし本当に、アフィリエイトは依然と比べて稼げなくなったのでしょうか。 事実は違います。ネット広告にお金をかける企業の数は増えて、テレビ広告にかけるお金よりも、ネット広告に支払われているお金のほうが多くなったという報道もあります。またInstagrammerやYouTuberなど、ネット上で活躍するインフルエンサーも増えています。ネットにお金がたくさん舞い込んでいて、さらにネット上のメディアが注目されるようになっている現実を見れば、アフィリエイターだけがお金を稼げなくなるということは、普通に考えればあり得ないことがわかります。 初期の頃、アフィリエイターは数が少なく珍しい存在でした。ライバルが少なく、多少稚拙でもお金を稼ぐことができました。お金を稼ぎながら、アフィリエイトについて詳しくなり、ノウハウが蓄積されると、たくさんのお金を稼げるようになったのです。その後続いた、後発のアフィリエイターたちは、「簡単にお金を稼げる手段」としてアフィリエイトを始める人が多かったのですが、すでに初期の頃とは違い、楽をしてお金を稼げる場所ではなくなっていました。いわゆる「ブルーオーシャン」ではなくなっていたというわけです。「楽して稼げる」という頭と、現実の厳しさのギャップから、早々に撤退するアフィリエイターが続発することになりました。 これからアフィリエイターとして活躍しようとしている人は、アフィリエイトの世界はすでにブルーオーシャンではないことを自覚し、さらに、楽して稼ぐのは難しいと覚悟して、アフィリエイトの世界に入ってくるべきかもしれません。ただし、ブルーオーシャンではないといっても、ネットの世界はたくさんのお金が巡っている世界であることは間違いありません。正しいやり方で、地道に努力を続ければ、副業として十分な収入を上げられるでしょう。中には、年間数千万円を稼げるようなスーパーアフィリエイターが生まれるかもしれません。