アフェリエイトとインフルエンサーの違いとは

インフルエンサーという言葉を聞いたことがある人も多いと思いますが、インフルエンサーはどのように収入を得ているのか知らないといった方も多いのではないでしょうか。インフルエンサーの定義は世間に大きな影響を与える人のことを言います。ブログなどで商品を紹介すると爆発的に有名となり、これまで注目されていなかったものまで売れることもあるほど大きな影響力をもっています。 いわゆるインフルエンサーに商品などを紹介してもらうように依頼し、収益を得ることをインフルエンサー・マーケティングと呼ばれており、近年では多くの人が注目しているネットビジネスでもあります。では、同じようにブログに広告を載せて収益を得るアフェリエイターとの違いというのはなんでしょうか。 アフェリエイトもインフルエンサー・マーケティングもブログなどで宣伝することによって収入を得るため同じなのではないかと思われるかもしれませんが、そこには大きな違いがあります。アフェリエイトというのは一般的にどのような人でも取組むことができます。そして、広告をクリックされたり、広告のサービスを利用されることによって収益になります。そのため、単に広告を自分のブログに掲載しただけでは収入を得ることはできません。 しかしインフルエンサー・マーケティングで収入を得ている人は、企業から依頼をされて宣伝をしており、企業から選ばれた人しかできません。近年ではSNSで人気の人たちに自社の商品を紹介して欲しいとオファーが行くことも少なくはなく、化粧品や衣類などを紹介したり、時にはコラボで商品を開発して販売するといったケースも少なくはありません。アフェリエイトは企業と連携して宣伝をするのではありませんが、インフルエンサー・マーケティングでは宣伝をしてもらうための契約が生じることが多いため、一度の掲載でも後者の方が収入が高くなる傾向にあります。ネット副業として、近年ではこのインフルエンサー・マーケティングに目をつけて記事をアップされる方も少なくはなく、記事に関連した企業からお声がかかることも夢ではありません。 インフルエンサー・マーケティングで最も需要が高いのがファッションや美容ですが、この手のジャンルのインフルエンサーは当然ライバルも多いため、今からネット副業でインフルエンサーとして活躍を望まれるのであれば、他にはない情報を発信できる人を目指すということが大切になっています。